ウェディングプランナーとは、結婚式をプランニングする専門職。

その多くは結婚式や披露宴会場となる式場やホテルなどと契約し、その方針に沿って結婚式の内容を企画していきます。

ウェディングプランナーのお仕事

結婚するカップルによって好みや求めるものは異なってきます。

ウェディングプランナーはそれに合わせ、演出等を考えていかなければなりません。

それらはゼロから考え出すということはほとんどなく、式場やホテルであらかじめ用意されている細かなプランを組み合わせていき、結婚式や披露宴全体を計画していくのが一般的です。

仕事内容の詳細を見ていくと、まず結婚式を挙げるカップルから話を聞き、どのような式にしていきたいのかをイメージするところから始まります。

お金をいくらでもかけられるわけではないので、予算内に収めながも最高の式となるようプランニングしていく必要があります。

衣装を用意したり、招待状を作成・送付するのも大事なお仕事です。

結婚式を挙げる当事者たちは漠然としたイメージを伝えてくることもあるでしょう。

それを聞きながら、では何ができるのか、どのようにすればそのイメージを形にできるのかといったことを適切に提案していく能力もウェディングプランナーには求められます。

計画が一通りできたらその為の準備に取り掛かり、式当日に向けて動き出しますが、ここからは非常に細かな作業の連続です。

式の進行を考えたり、音楽を流すタイミングや料理に関する準備もし、新郎新婦との打ち合わせやリハーサルも何度も重ね、徐々に仕上げていくことになります。

結婚式や披露宴当日も、事前に組み立てた計画などがその通りに進んでいるかをチェック。

もしトラブルが発生すればそれに臨機応変に対応しなければなりません。

結婚式や披露宴を計画するだけではなく、それが終わるまで見守り、その後のフォローまでをも行うのがウェディングプランナーという仕事なのです。

ウェディングプランナーの給与

ウェディングプランナーの求人はとても増えてきています。人気の職業であることはもちろん、個性や特別感を求める人が増えてきているため、その需要を拾おうと式場やホテルなどが考えていることもうかがえます。

気になるお給料ですが、未経験であれば最初は月収20万円から30万円ほど。

年収で300万円前後から400万円台あたりが相場となるでしょう。

仕事内容とその大変さを考えればこのお給料は安めかもしれませんが、この仕事のやりがいと充実感は他では味わうことができません。

もちろん、経験を積むことで年収はアップしていきます。あとは一歩を踏み出してこの業界に飛び込めるかどうか。

まずはウェディングプランナーの求人を眺めてみるところから始めてみてもいいのかもしれません。