エステに通い、そこでとても素晴らしい体験をしたからこそ、エステティシャンへの転職を志そうと考えている女性も多いのではないでしょうか。

実際にこの仕事へ転職する前に、その仕事内容や給料について知っておきましょう。

エステティシャンのお仕事

端的に言ってしまうと、エステティシャンとは女性を美しくするお仕事です。

お肌のお手入れを行うエステティックサロンもあれば、脱毛や減毛によって女性を美しくするサロンもあります。

前者ではフェイシャルエステと呼ばれるような顔の部位に特化して施術を行うところもありますし、ボディ専用のサロンもあります。

お肌の状態のみを改善させるのではなく、「痩身エステ」と呼ばれる、痩せたい女性の希望を叶えるためのサロンもあるなど、実にバリエーション豊か。

そうしたエステティックサロンで働く人たちを、エステティシャンと呼んでいるのです。

実際に施術を行うのが主な仕事ですが、それに至るまでのカウンセリングを行うこともあります。

この施術とカウンセリングを分けているサロンもあるため、エステティシャンが必ずカウンセリングを行うとは限りません。

また、受付なども同様で、施術者と分けているところと分けていないところが存在しています。

施術に関しては、オールハンドで行うエステティックサロンであれば、そのためのテクニックを身につける必要が出てくるでしょう。

マシンを使用して施術を行うのであれば、それを安全に使いこなすための知識も技術と同時に学ばなければいけません。

エステティシャンの仕事内容は、ただただ施術を行うだけだと思われがちですが、こうしたテクニックや知識を吸収していくことも重要な役割なのです。

それも含め、施術を受けに来ている女性の要望や希望通りの結果を導くことが、エステティシャンの最大の仕事と言えます。

エステティシャンの給与

エステティシャンの給料は平均で月収20万円ほど。

多くのエステティシャンの求人では20万円台前半を提示し、30万円を超える額をスタートとしているサロンはほとんどお目にかかれません。

未経験であれば、月に20万円ほどの給料からスタートし、徐々に知識やテクニックを身につけキャリアアップとともに収入アップを目指すことになります。

ただ、未経験者でも歓迎としているエステティシャンの求人が大半ですから、これまで全く関係のない業種・職種に就いていた女性でも転職はしやすいでしょう。

将来は独立できる可能性もあるため、手に職をつけるという意味でも狙い目のお仕事なのかもしれません。